SWITCH NEWS

スイッチにおけるSDGsへの取り組み

HattaNana
インターン広報担当

こんにちは
スイッチ広報担当兼Webディレクターの八田です。

この度、株式会社スイッチは「スイッチにおけるSDGsへの取り組み」ページを開設しました
ページはこちらからご覧いただけますので、ぜひ一度ご覧ください。

 > スイッチにおけるSDGsへの取り組み

ここ数年、指数関数的に耳にすることが増えた「SDGs」という言葉。
このSDGsがどのようなものであるかを正確に説明できる方はなかなか少ないのではないでしょうか?
一度、その定義を確認してみましょう…

 

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)
2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた、国連加盟193カ国が2030年までに達成を目指すの国際目標です。
地球規模の問題を解決するために、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」という共通理念のもと、17の目標と、169のターゲットを設定しています。

 

つまりSDGs(エスディージーズ)とは、
地球上で起こっている様々な問題を解消するために掲げられた17の目標と、
それぞれの目標においてより具体的な取組内容を決定した169のターゲットのことを指します。

2000年に採択され、SDGsの前身となったミレニアム開発目標(MDGs)が主に発展途上国を舞台としていたのに対し、
SDGsでは地球に住む全員が主体となって取り組むことが特徴となっているため
地球上の「誰一人取り残さない」という共通理念が掲げられています。

 

近年、ビジネスにおけるSDGsへの注目度が高まっており、
自社のコーポレートサイトにSDGsページを開設したいという要望がさまざまな分野の企業から寄せられています。

そこで、当社でも今一度社員一人一人が自分ごととしてSDGsを捉え、
17の目標達成に向けて何ができるのかを考えるために「スイッチにおけるSDGsへの取り組み」ページを開設いたしました。

今年度、スイッチができることを考え、7つの分野において合わせて15個の目標を設定しています
ここで掲げた目標には、すでに十分に達成できているものもあれば、
まだまだこれから力を入れて取り組まなければならないものまで幅広く記載させていただきました。

地球上の誰ひとり取り残さないために、
スイッチが貢献できることを考え取り組んでまいります。

少しでも多くの目標を達成できるよう行動していきますので、
引き続き活動を見守っていただけると幸いです。