スタッフブログStaff Blog

Feedlyを使って、簡単に効率良く情報収集する方法

Web技術

こんにちは、コイルが大好きな三宅です。

2309303i

突然ですが、皆さまは聖徳太子をご存じでしょうか。
一説によりますと、”聖徳太子は10人の話を同時に聞き、最適な助言をした”という伝説があります。

それが本当だとすると、圧倒的な情報収集能力、情報処理能力を備えていたということになります。
情報を仕入れることが武器となる現代社会において、
聖徳太子のような能力があればかなり有利に立ち回れるのではないでしょうか。

しかし…誰でも簡単に効率良く情報収集できる方法が現代にはあります。
つまり誰でも聖徳太子になれるのです。

そう・・・

coil2

Feedlyを使えばね。

coil3

 

Feedlyとは?

feedly

Feedlyを説明する前に、フィードというものについて説明する必要があります。
フィードとは、サイトの情報などをXMLと呼ばれる形式などで簡単にまとめたデータのことで、
アメブロやFC2などのサービスはもちろん、Wordpressで作成されたブログサイトでも配信されています。

スイッチブログにももちろんありますので、下記URLを参考してください。
http://switch.am/blog/feed/

 

そして、Feedlyを使うと、
自分の読みたいブログのフィードの更新情報を整理し、効率よく情報収集することができます。
Feedlyの使用はこちらから。(無料で使用できます。)

feedly2

Feedlyに登録したブログのフィードたちが、時系列でずらーっと並んでいます。
フィードの登録は簡単で、左メニューにある「Add Content」をクリックしたあと、
検索窓でブログのURLを入力するだけ、もしくはフリーワードで検索することもできます。

feedly3

各ブログのサイト名をクリックすると、サイトごとにサムネイル、タイトルの一覧がとても見やすく表示されます。
世のブロガーたちはおそらく、魅力的なタイトルとサムネイルを作ることに命をかけてますので、
この中から気になるものを選択し、読めばいいわけです。

 

ちなみにこのFeedly、アプリもあります。

ただし、現状では通知機能がありませんので、毎日忘れずチェックすることが肝心です。
チェックインさえすれば、更新状況や閲覧状況が一目でわかります。

皆様も、最新の情報、最新の技術を仕入れ、
常に学ぶという姿勢を持ってみるのはいかがでしょうか。

たまには、マジメにやっているアピールをしておきます。
それでは、また。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加